HOME>サービス>ご利用までの流れ

サービス

連携検証施設「さつき」  ご利用までの流れ

ご利用形態としては、以下の2通りの方法があります。

組込みシステム産業振興機構が提供している「さつき」による検証サービス

・産総研との共同研究


ご利用までの手続き

 初めて共同研究契約を結ぶ場合には、通常1ヶ月程度の時間を要しますので、あらかじめご了承ください。残りの手続きについては、一度、産総研関西センターまでご訪問いただき、進めさせていただきます。おおよそ2時間程度を予定しております。登録後は、予約が取れ次第すぐにご利用いただけます。

●ご利用までの流れ

共同研究契約の締結 ユーザー登録の申請 オリエンテーションの受講 認証鍵(SSH公開鍵)の提出 予約 ログイン、利用

※1の契約については、検証サービス、クラスター利用サービスのどちらをご利用いただく場合でも、産総研と直接契約していただく方法と、組込みシステム産業振興機構の会員となり、同機構を通じて使用する方法の2種類の方法があります。


産総研と直接契約の場合は、基本的にある程度継続してご利用いただくことを想定しており、契約には通常1ヶ月程度の時間を要します。組込みシステム産業振興機構の参画企業となっていただきますと、より簡単な手続きで、スピーディーにご利用開始できます。また短期間のご利用も可能です。

▲ページ先頭へ

費 用

連携検証施設「さつき」ご利用は、使用ノード数や利用期間に応じて課金される有料サービスです。

産総研研究員による個別の技術支援をご希望の場合は、支援内容に応じて、別途費用負担が発生します。詳しくは、「さつき窓口」 から詳細をお問い合わせください。

料金が改正されました。
長期利用料金、短期利用料金を新たに設け、ご利用しやすくなりました。

「さつき」ご利用料金 (詳細はこちらをご覧ください)

課金額 = 利用料 + セットアップ課金 利用料 = (基本料金 X 週数 ) X 課金係数

1) 基本料金

利用するクラスターの種類により、下記の料金を適用

種類 料金
係数
仕様
(コア数,メモリー)
料金/週
(円)
A 1 2コア,8GB 1,000
B 3 8コア,24GB 3,000
C 5 8コア,48GB 5,000
X 20 16コア,256GB 20,000
Y 100 64コア,1TB 80,000

2) 課金係数

利用者の所属により、課金には1以下の係数を適用

所属 課金係数
公設研・大学等
0.3
中小企業
(中小企業支援法第2条)
0.6
その他 1.0


 セットアップ課金:利用料の10%

3) セットアップ課金

クラスターシステムのセットアップ費、利用ごとに適用 (機構経由の利用者は免除)

▲ページ先頭へ