HOME>セミナー・イベント>計算機言語談話会(CLC)

セミナー・イベント

計算機言語談話会(CLC) Computer Language Colloquium

計算機言語談話会(CLC)とは

計算機言語談話会(Computer Language Colloquium, 略称 CLC)は、 計算機言語(プログラミング言語、仕様記述言語、証明記述言語その他)に関する理論、言語設計、処理系作成などの研究の話を産総研内外の人にしていた だくためのものです。 どなたでも御来聴を歓迎します。

▲ページ先頭へ

過去に開催した講演

【第二百六十五回】 平成25年1月15日(火)
対話的証明支援系Coqと対話的修正機構

【第二百六十四回】 平成24年2月20日(月)
Challenges and Results in Embedded Systems Virtual Prototyping

【第二百六十三回】 平成24年2月1日(木)
Automatic Specification-Based Program Testing

【第二百六十二回】 平成23年12月22日(木)
HOLを用いた代入定理の検証

【第二百六十一回】 平成23年12月21日(水)
型理論に現れる様相の論理学的意味付けについて

【第二百六十回】   平成23年12月  9日(金)
プログラム言語Luaの紹介と生命情報科学におけるソフトウェア開発

【第二百五十九回】平成23年12月  2日(金)
Alexei Iliasov, Ilya Lopatkin and Alexander Romanovsky

【第二百五十八回】平成23年11月28日(月)
Pervasive Model Checking

【第二百五十七回】平成23年 8 月25日(木)
数理議論学における実践的議論意味論の展望

【第二百五十六回】平成23年 6 月28日(火)
Model Driven Testing in Open Software Architecture

【第二百五十五回】平成23年 6 月21日(火)
A Decidable Characterization of a Graphical Pi-calculus

【第二百五十四回】平成23年 3 月31日(木)
(1) Achieving Leadership in Software Engineering (20 - 25 minutes)
(2) Internal DSLs in Scala (10 - 15 minutes) + Q & A

【第二百五十三回】平成23年 3 月31日(木)
LMNtal処理系の並列モデル検査環境への展開

【第二百五十二回】平成23年 3 月17日(木)
真理理論と余帰納法

【第二百五十一回】平成23年 3 月14日(月)
Analyzing Lustre programs by combining K-induction (based on SMT solvers) and Abstract Interpretation

【第二百五十回】   平成23年 2 月 7 日(木)
TALK1: SAT based debug
TALK2: QBF (Quantified Boolean Formula satisfiability)

【第二百四十九回】 平成22年11月15日(木)
通信網の信頼性設計・管理について

【第二百四十八回】 平成22年 8 月19日(木)
形式モデルに基づくディペンダビリティのアセスメントプロセスの設計

【第二百四十七回】 平成22年 7 月14日(木)
Preventing location privacy against inference attacks

▲ページ先頭へ